ドイツ テディベア紀行 ーベルリン

DBを探せ!

DBとは、Deutsche Bahn (ドイチェ・バーン=ドイツ鉄道)の略称、そしてアイコンです。

ベルリンハウプトバーンホフの入り口インフォメーションで、ニコリともしないお兄さんにチケットを買いたいと伝えたところ、「DBに行け」と言われたのであります。

ドイツ語はさっぱりわからず、英語で言われてもDBとは何かがわからない。
ベルリンハウプトバーンホフの構内案内図を見ても、オールドイツ語でわかりません。
英語すら書いていないので、日本の何か国語も書いてある駅の表示に慣れているとちょっとびっくりします。
とにかくDB,DBと探したら、こういうサインを発見。

むー、確かにDBと書いてある。ので中に入ってみますと、こんな感じ。

そう、日本でいうところのみどりの窓口。鉄道チケットカウンター。
入るとすぐに整理券を取るマシンがあって、電光表示板に番号が示されたら該当するブースに行くというわけです。ドイツとっても機能的。

カウンターのお兄さんは、駅入り口のインフォメーションのお兄さんとはうって変わって気さく。ドレスデンまでの急行のチケットを取ってくれ、ホームへの行き方も丁寧に教えてくれました。
なお、それとは知らずにとったのですがドイツ鉄道の駅には空港のようにファーストクラスラウンジがあって、ファーストクラスチケットを持っているとラウンジが使えるのです。
ドレスデンまでの急行が出るまで時間があったので、ラウンジに行くことにしました。

こちらがDBのファーストクラスラウンジでございます。このお部屋は、その後どこの駅のラウンジも同じテイストでした。

ファーストクラスラウンジは、ソファーがあって、小さいコーヒーテーブルがあって、コーヒーやソフトドリンクが無料でいただけます。
きれいなお手洗いもついています。というわけでとってもほっとしました。
大きなスーツケースを持っていたので、お店を探すのもトイレを探すのも大変だったからです。

出発時刻15分前にはラウンジを出て駅構内の写真を撮りながらホームに向かいました。

エスカレーターを降りて

ホームには、ドレスデンに向かう列車が待ち受けていました。

さあこれに乗って、いよいよドレスデンに向かいます!

-ドイツ テディベア紀行, ーベルリン
-, , , , , , , , , ,